読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽気なブライアント#16

迷走オリックスと週末競馬

エイントリー競馬場 コースウォーク編

f:id:taruyuki:20170417001411j:plain

どうも。缶ビールを没収されて凹み気味のタルユキでございます。

そんなオッサンが、第1レースが午後からにもかかわらず

10時すぎに競馬場に来たのはワケがあるんです。

 

それがこのコースウォークです。

なんとレース前に馬場を一般開放しているのです!

 

f:id:taruyuki:20170417001628j:plain

日本では考えられませんね。

 

f:id:taruyuki:20170417001931j:plain

ちなみに私が持っていたチケットでは

こちらのバギーツアーに無料で参加できました。

おそらくですが、一番安いチケットでは不可と思われます。

 

f:id:taruyuki:20170417002819j:plain

30分ほど順番待ちして記念に乗ってみました、の写真です。

 

f:id:taruyuki:20170417004924j:plain

バギーツアーは楽で良いのですが、あっという間に終わってしまいます。

真のジャンプ好きは自分の足で周るべきであります。

ということで、2周目に突入。

 

f:id:taruyuki:20170417005843j:plain

改めて、グランドナショナルのコースを確認します。 

障害の数は全部で30。

コースウォークは黄色の矢印に沿って歩くことが出来ます。

 

f:id:taruyuki:20170417003818j:plain

こちらは、6号、22号の Becher's Brook です。 

 

f:id:taruyuki:20170417004116j:plain

間近で見ると流石に迫力があります。

 

f:id:taruyuki:20170417004309j:plain

反時計回りでさらに歩いて行きます。

ちなみに歩きながらビールを飲むこともOKみたいです。

寛大すぎるぞ、エイントリー競馬場。

 

f:id:taruyuki:20170417003121j:plain

出ました!

障害ファンの聖地こと Canal Turn です。

 

f:id:taruyuki:20170417005310j:plain

障害を飛んだ直後、ほぼ直角に左へ進路をとるあれですよ。

落馬があったら、それはもうワチャクチャになるあの場所です。

ここに来れて目標80%達成(笑)

 

f:id:taruyuki:20170417005533j:plain

9号~12号(25号~28号)の4連続障害。

ここを通過すると、コースウォークはほぼ終了です。

結構な運動になりました。

 

f:id:taruyuki:20170417005711j:plain

馬場解放は12時半から13時頃に終了。

この日は是非朝イチから訪問することをお勧めいたします。

あっという間に時間が過ぎますから。

 

ところでスーツの人多くね?と気になる方へ

「エイントリー競馬場 ドレスコード編」に続きます。