陽気なブライアント#16

迷走オリックスと週末競馬

ヴァロリス 母ハルーワスウィート?

f:id:taruyuki:20171012044451j:plain

ヴァロリス、大魔神の馬っぽい名前の村に到着しました。

賭けで乗車したバスの終点は村の入り口だったようです。

 

バスを降りる際、ドライバーが「観光案内所を目指せ」と言ってくれました。

人はほとんどおらず不安になりますが、緩やかな坂を上ります。

 

ここは古代から陶芸が盛んだったらしく、歩道には大きな花瓶が。

そして、歩くこと10分。

 

f:id:taruyuki:20171012044543j:plain

ヴァロリス城(国立ピカソ美術館)に無事到着。

ここはあのピカソが滞在した村です。

 

f:id:taruyuki:20171012044636j:plain

ピカソ師匠、陶芸もやっていました。

 

そして、撮影禁止だったため、写真はないのですが

礼拝堂の中に名画『戦争と平和』があります。

ピカソ70歳の作品。壁画です。

 

f:id:taruyuki:20171012044812j:plain

美術館前の広場にはピカソ作のブロンズ像「羊を抱く男」

 

f:id:taruyuki:20171012044854j:plain

ピカソ好きの方はどうぞ。入場料は5ユーロでした。

 

この後、カンヌへ移動します。

つづく。