陽気なブライアント#16

迷走オリックスと週末競馬

ゲッピンゲン メルクリンターゲ

f:id:taruyuki:20170923054804j:plain

到着したのはゲッピンゲンという駅。

ここはドイツを代表する鉄道模型メーカー・メルクリン社がある町。

 

f:id:taruyuki:20170923054909j:plain

9月15日~17日の三日間、メルクリンターゲというお祭りがありました。

以前から興味があったため、足を運んでみた。

 

ゲッピンゲン駅には機関車が集結。

と言ったものの、SLはあまり興味が無く、スルー。

大量の煙を吸いながら駅を出て、無料のシャトルバスに乗りこみます。 

 

f:id:taruyuki:20170923055159j:plain

まずはメルクリンミュージアムです。

入口付近でやたらテンションの高いオッサンらにからまれた!

オ「写ってええかー、フェイスブックにアップしてもええでー」

とドイツ語で言っていたはず。知らんけど。

 

f:id:taruyuki:20170923055337j:plain

店内、店外にセール品が並んでいましたが、特に欲しいものはなく見送り。

再びシャトルバスに乗り、見本市会場へ向かいます。

 

f:id:taruyuki:20170923055443j:plain

入場料は12ユーロ。

 

f:id:taruyuki:20170923055545j:plain

PIKO(ドイツ)。

 

f:id:taruyuki:20170923055655j:plain

メルクリン。

インサイダー会員はオリジナルタンブラーを貰っていました。

 

f:id:taruyuki:20170923055749j:plain

展示品の中ではこれが気に入りました。

BR491。定価は 349.99ユーロだそうです。。

欲しいけれど高い。高いけれど欲しい。

 

f:id:taruyuki:20170923060159j:plain

充実の一日でした。

 

初IC

f:id:taruyuki:20170922061034j:plain

ここはフランクフルト中央駅。

これからIC2293に乗ってシュツットガルトへ向かいます。

 

f:id:taruyuki:20170922061517j:plain

ICに乗車するのは初めて。

 

f:id:taruyuki:20170922061805j:plain

座席指定は要らなかったかも。

 

f:id:taruyuki:20170922062113j:plain

シュツットガルト中央駅でさらに乗り換えて目的地到着。

 

つづく。

 

オスロ 気分は負け試合

f:id:taruyuki:20170910203536j:plain

ノルウェー2泊3日の旅。最終日は首都・オスロを観光します。

 

朝9時にホテルをチェックアウト。地下鉄に乗ります。

自販機はなぜかクレジットカードが使えず、現金購入。

 

f:id:taruyuki:20170910203825j:plain

ホームや車両は綺麗。治安は問題なさそうです。

 

f:id:taruyuki:20170910204307j:plain

そして第一目的地、ムンク美術館に到着。

ムンクといえば「叫び」。

 

この代表作は全部で四種類あって

最も知られている作品はオスロ国立美術館にあります。

 

そして、別の一枚がここにある、という理解で訪れたのですが・・・

実際のところ、ここにはありませんでした。

 

正確に言うと「この日は展示されていなかった」です。

所有しているのは間違いないと思いますが

どこかへ出張中だったのか、とにかく無かった。残念。

 

調査不足といえばそれまでなんですがね。

結構あるあるなので、皆様お気を付けて。

ちなみにここの「叫び」ですが、2018年10月から2019年1月まで

上野の東京都美術館へ出張するようです。

 

www.asahi.com

 

さてこうなりますと、国立美術館にイクシカナイダロウ、ちゅうことで

早々にムンク美術館を後にして、再び地下鉄に乗りました。

 

時刻は11時すぎ。オスロ国立美術館に到着。

チケット購入で20分ほど行列に並び、11時半頃に無事入館。

そして、あの絵がある「ムンクの間」を目指します。

 

f:id:taruyuki:20170910204429j:plain

人だかり発見。

事前調べでは、写真撮影不可と認識していたのですが

皆さん堂々と撮影していたので、たぶんOKなんでしょう。

 

f:id:taruyuki:20170910205441j:plain

んほー!!

 

とりあえず目的達成、ということにしておこう。

もう一枚の方は来年東京で見ようと思います。

 

終わり。

 

ミュルダール ベルゲン急行

f:id:taruyuki:20170910070856j:plain

フロムからフロム鉄道に乗り、ミュルダール駅に到着。

 

ここからベルゲン急行に乗ってオスロへ向かいます。

所要時間は4時間41分。

 

f:id:taruyuki:20170910071009j:plain

さすがにしんどいので、一等車(KOMFORT)を予約しておきました。

 

f:id:taruyuki:20170910071130j:plain

この車両はセルフでコーヒーや紅茶が飲み放題!

ホットチョコレートを三杯も飲んだような。

 

f:id:taruyuki:20170910071453j:plain

列車はどんどんと東へ進みます。

オスロに到着したのは22時35分。

さすがに疲れていたのか、電車や駅の写真を撮るのを忘れていました。

 

フロム リベンジ

f:id:taruyuki:20170907055532j:plain

ベルゲンからに乗り、フロムというところまでやって来ました。

 

今回使ったのはこちら。

www.norled.no

 

ベルゲン港を8:00に出発します。

 

f:id:taruyuki:20170910062459j:plain

フロムまでの所要時間は5時間25分。

 

f:id:taruyuki:20170910062558j:plain

後方のデッキに出てフィヨルド撮影開始。

 

f:id:taruyuki:20170910062706j:plain

だんだんとそれっぽくなってきました。

 

f:id:taruyuki:20170910062856j:plain

フロム到着前。

 

f:id:taruyuki:20170910062955j:plain

13時半頃にフロム到着。こちらは鉄道駅です。

 

f:id:taruyuki:20170910063125j:plain

この次は鉄道に乗り換え。

待ち時間に、屋台のようなところでタラバガニ発見!!

高いのか安いのか、よく分からなかったが、思わず注文。

とりあえず、希望が一つ叶う。

 

 

ベルゲン 痛恨のミス

f:id:taruyuki:20170902201025j:plain

港町だけあって、魚市場に、シーフードレストランが乱立。

 

f:id:taruyuki:20170902203115j:plain

私はタラバガニに釘付け!

 

f:id:taruyuki:20170902205434j:plain

サーモンもうまそうやけど、今日は兎に角タラバガニ気分なのであります。

 

で、とあるレストランに入り着席。

数あるメニューの中からタラバガニプレートを注文。

 

ビールを飲みながら待つこと10分。

ついに3年ぶり?のタラバガニちゃんが運ばれてきました。

 

f:id:taruyuki:20170902210210j:plain

へっ??

 

慌ててメニューを再点検。注文シーンを思い出します。

食べたかったのは「King Crab

しかし、不覚にも私が発した言葉は「King Prawn」だったよう。。。

凹みました。

 

f:id:taruyuki:20170902210559j:plain

ちなみにコチラ、Bacalao(干しダラのトマト煮込み)はアタリ。

 

注文は慎重に。 

 

ベルゲン 傾いた世界遺産

f:id:taruyuki:20170830060015j:plain

ノルウェー第2の都市、ベルゲンに到着です。

港町です。

 

f:id:taruyuki:20170830060215j:plain

ベルゲンといえば、世界遺産のブリッゲンエリア

こちらの木造家屋群です。

 

f:id:taruyuki:20170830060308j:plain

かつては倉庫として使われていた木造建築。

現在はお土産屋さんやショップが入っています。

 

f:id:taruyuki:20170830060358j:plain

二階、三階にも行けます。

 

f:id:taruyuki:20170830060549j:plain

二階の様子。歩くと床がきしみます。

 

f:id:taruyuki:20170830060658j:plain

行ったら分かりますが、大半の建物が明らかに傾いています

地震が来たら、と思うと恐ろしい。

 

ベルゲン 到着

f:id:taruyuki:20170829060029j:plain

この夏は馬券が全然当たらないので現実逃避に走っております。

ということでいきなりですが、ここはベルゲン空港(BGO)

はるばる、サーモンの国にやってまいりました。

 

f:id:taruyuki:20170829060259j:plain

今回は Scandinavian Airlines System を使いました。

写真は B737-800 ですが、実際に乗ったのは A321 でした。

 

f:id:taruyuki:20170829060636j:plain

空港出口を出たらすぐに現金両替。どうやら、有人の窓口は無いようで

機械で EUR を ノルウェー・クローネ NOK に替えました。

200NOK紙幣の魚(タラ)はちょっとグロいぞ!

 

f:id:taruyuki:20170829061620j:plain

空港から市内への移動はエアポートバスが便利です。

20分程度でベルゲン駅バスステーションに到着。

時刻は16時すぎ。ホテルにチェックインして観光に出掛けます。

 

つづく。

 

総選挙

f:id:taruyuki:20170821035653j:plain

ドイツ連邦議会選挙まであと一か月。

市内の道路には次々とポスターが貼られております。

 

ザグレブ 最後にガッカリ

f:id:taruyuki:20170820193404j:plain

ザグレブ旅行の最終日。快晴です。

この青空が前日(プリトヴィッツェ湖)に欲しかった。

 

f:id:taruyuki:20170820193607j:plain

ドラツ市場で大量のパプリカを見る。

3キロで 10HRK(200円もしない)とか笑えます。

 

f:id:taruyuki:20170820194033j:plain

向こうに見えるのはザグレブ大聖堂。

 

f:id:taruyuki:20170820194225j:plain

最後は鉄道模型を見に行きます。

ここは Backo Mini Express という名のミュージアム(?)でして

ハンブルクのミニチュアワンダーランドのような世界を期待して

行ったわけですよ。

 

f:id:taruyuki:20170820200030j:plain

受付で入場料 20HRKを支払い、いざ建物内に入ります。

「ん・・・?」

 

狭い。

暗い。

埃っぽい。

しかも、雨漏りしてるし。

 

f:id:taruyuki:20170820200241j:plain

仕上がりが中途半端やし。

 

f:id:taruyuki:20170820200444j:plain

唯一、右の螺旋はちょっと感動したけれど

とにかく全体的にショボかった。

約10分で鑑賞終了。これは失敗でした。

 

f:id:taruyuki:20170820201109j:plain

イェラチッチ広場でブチコ的な馬を見て、観光終了。

 

f:id:taruyuki:20170820201301j:plain

ザグレブ空港。出発ターミナル。

 

f:id:taruyuki:20170820201426j:plain

帰りは Lufthansa CityLine × CRJ900 でミュンヘンへ。

出発が遅れたため、乗り継ぎに失敗。

最近こんなん多いです。