陽気なブライアント#16

迷走オリックスと週末競馬

ジェット音恐怖症をノイズキャンセリングホンで克服

いっちょまえにマイレージのことを書いておりますが

実は飛行機が苦手です。

いい大人が情けないですね。

ちなみに、日本国内の移動は断然新幹線派です。

 

症状1:離陸直前、手に汗をかく

気がついたら手のひらがびっしょり。

最近は解消されつつあるのですが、昔はハンドタオルが必需品でした。

 

症状2:外を見ることができない

基本的に窓側席には座りません。

だって怖いんですもん。旋回時なんて超緊張します。

好んで座る人たちの気が知れません。

つい先日、勇気を出して窓席に座ってみたものの

離着陸時以外はブラインド100%でした。

 

症状3:上空でエンジン音が弱くなると焦る

これ分かってもらえるでしょうか。

道中は状況に応じたベストな操縦がなされるわけですが

外から聞こえるエンジン音が下がると「もしや?!」と思ってしまい

ドキドキしてしまうのです。

 

私のとってのこの重大問題。

しかしつい最近、あるモノを導入して解決することに成功しました。

それがコレ。

f:id:taruyuki:20180115002033j:plain

ノイズキャンセリング・イヤホンです。

これの存在を知ったのが昨年の12月。

アップグレードで乗ったプレミアムエコノミー席。

そこには立派なSONY製ヘッドホンが備えてありました。

耳の部分に電源ボタンがついていて「なんじゃこりゃ」だったのですが

スイッチをONにしてクリビツ。それは静かなこと!!

まず、ジェット音がほとんど耳に入ってこない

そしてビデオ音声・音楽はクリアに聴こえる。

 

これはええで、と上田監督ばりに感動した私。

すぐさまビックカメラへ。

ヘッドホンタイプは髪が乱れるのでパス。

最後はSonyかBoseで迷いましたが、後者を選択。

 

お値段は三万円弱と決して安くはありません。

しかし私にはそれ以上の値打ちがあると判断し、即買いしました。

実際、飛行中のストレスを大きく低減させてくれており大満足です。

 

イヤホンだからといって音楽を聴く必要はありません。

本体の電源を入れてただ耳に挿すだけで良いのです。

私のようなビビりの方へ、静かな空の旅を求める方へ

是非お勧めしたい。

 

通路席でこのイヤホンを付けハンカチを握りしめるオッサンがいたら

それはきっとワタシです。

 

 

プラチナの威力

f:id:taruyuki:20180106212541j:plain

ANA × B787-900

1月某日、成田からドイツへの移動。

早速、プラチナ事前サービスの恩恵にあずかってみた。

 

① プレミアムエコノミークラスに無料アップグレード

f:id:taruyuki:20180111053149p:plain

今回予約していた席はエコノミーの35列目だったのですが

オンラインチェックインが完了した後で

AMC会員ウェブサイトの座席変更画面に進むと

プレエコ席(15〜17列目)が選択可能になっているではありませんか。

即変更させていただきやした。

 

② ビジネスクラス専用チェックインカウンターの利用

スーツケースを預ける必要があり、ビジネスクラスカウンターへ。

スタッフの言葉遣いがいつもより丁寧だったような。

気のせいか。

それはともかく、並ぶ時間が短縮されました。

 

③ 優先保安検査場の利用

成田空港第一ターミナルの話になりますが

通常の入口の右隣に GOLD TRACK という名の優先レーンがありまして。

ドヤ顔で搭乗券を係員に見せ、凸るのであります。

 

④ ラウンジの利用

f:id:taruyuki:20180111053245j:plain

出国審査を通過したらANAラウンジへ直行。

このためにホテルの朝食を抜いてきたとか、こなかったとか。

金杯の予想をしながら、ミニうどんとミニおにぎり(明太子・昆布)。

アルコールは自重。次回のお楽しみということで。

 

⑤ 優先搭乗

f:id:taruyuki:20180111053509j:plain

ここもドヤ顔ゾーンですね。

体の不自由な方、小さいお子さんのいる方、

ファーストクラス、ダイヤモンドメンバーの次に入れていただきました。

 

f:id:taruyuki:20180111054316j:plain

とりわけ欧州内の近距離路線となると、機材は小型〜中型となりまして

かつ、乗客はスーツケースを機内に持ち込みがち。(写真はA319機内)

当然、棚はいつもギュウギュウの満杯になります。

とにかく一人でも先に入り、座席真上の場所を確保したくなるわけです。

これ、結構重要です。

 

ただし、飛行機が沖止め(バスに乗って移動)の場合は例外となります。

バスには早く乗車できますが・・・その後はヨーイドンの競争となりますので。

 

⑥ 預入手荷物の優先受取

f:id:taruyuki:20180111053421j:plain

いつもならベルトコンベアーの前で10〜15分くらい待つところ

今回は受取場所に到着すると既に自分の荷物が回っていました。

それもこれもこのオレンジ色のおかげです。

ありがたや、ありがたや。

 

以上が今回味わせていただいた特典サービスです。

 

 

プラチナ到達

f:id:taruyuki:20180106192908j:plain

宣言通り、年末の一時帰国で 4,171 pp を加算し

遂に 50,000 pp 超えを達成しました。

滑り込みセーフ。

 

そもそも、ステイタスを意識し出したのは2017年後半になってから。

前半は pp が貯まらないエアライン(Eurowings等)ばかり乗っていたので

効率が悪かった。

 

で、プラチナを達成したフライトの翌日には専用デスクへTEL。

例のカードの申込みです。

訳あって急いでいることを伝えると、速達で申込書を送ってくれました。

 

f:id:taruyuki:20180106193515j:plain

なんとか日本滞在中に申込書を送付できました。

審査通りますように。

 

クリスマスマーケット Hattingen

ドイツで12月といえばクリスマスマーケット

ある日、電車の中にぶら下がっていた無料の雑誌を読んでいると

Hattingenという町のクリスマスマーケットが取り上げられていました。

 

f:id:taruyuki:20171218043238j:plain

これがその時に撮った写真。

Hattingenは初めて聞く地名でどんなところか分かりません。

しかし、クルマで1時間圏内の様なので物は試しに・・・

 

f:id:taruyuki:20171218043328j:plain

行ってみた!

 

f:id:taruyuki:20171218043411j:plain

建物の窓に24枚の絵。しかし7枚の絵は扉が閉じたまま。

そう、これはアドベントカレンダーになっているのです。

12月1日から24日まで一枚ずつ公開していくシステムです。

 

f:id:taruyuki:20171218043520j:plain

木工品のお店で気になった人形。買わなかったが。

 

f:id:taruyuki:20171218043649j:plain

運転があるのでグリューワインは飲みません。

その代わり、シャンピニオン(マッシュルーム)を食うでー。

 

f:id:taruyuki:20171218043719j:plain

写真写りはよくないが、クセになる味でおすすめです。

ニンニクが効いていて温まります。

 

f:id:taruyuki:20171218043823j:plain

日本人にはあまり知られていないのか、この日は全く見なかった。

想像していたよりも活気、雰囲気があり、行った甲斐があった。

 

四川担担麺 阿吽

友人二人と楽しく飲んだ後、

シメは担担麺が有名というお店へ連れていってもらいました。

 

店の名は「阿吽」湯島店。

 

券売機で「担担麺」と瓶ビールを購入。

食券を店員へ渡す際、辛さと痺れのレベルを申告します。

どちらも6段階あって、組み合わせは自由。

 

f:id:taruyuki:20171210215228j:plain

初心者につき、辛さ1痺れ2にしときました。

 

確かに花椒が効いていて美味い!!

次回はつゆ無しバージョンに挑戦しよう。

 

湯島と上野でQuite Good

この日は完全オフ。

ホテルを11時にチェックアウトし、向かった先は本郷三丁目。

他人様のブログで知った、焼きそば専門店へ。

 

f:id:taruyuki:20171209225755j:plain

店の名は「焼きそばのまるしょう

11時30分頃に入店です。

 

f:id:taruyuki:20171209225920j:plain

早速、メニューを点検。

Cの豚キムチ塩焼きそばが気になったが

ここは王道のソース焼きそば(並)で行きましょう。

 

f:id:taruyuki:20171209230039j:plain

来ました、ソース焼きそば!!

麺はモチモチ、少し甘めのソースにからまって最高です。

(中サイズにしておけばよかったと後悔)

それから、平日昼間から飲むレモンサワーも最高でした。

 

f:id:taruyuki:20171209230230j:plain

お店から湯島駅方面へ5分ほど歩くと、湯島天神を発見。

せっかくなのでお参りしていくことに。

 

f:id:taruyuki:20171209230537j:plain

おみくじはセルフ方式。

 

f:id:taruyuki:20171209230618j:plain

和英文みくじに挑戦。A Written Oracle というらしい。

結果は小吉。英文では Quite Good となっていました。

 

f:id:taruyuki:20171209230908j:plain

湯島駅を通過し、徒歩で上野まで出ました。

この怖い絵展が大変気になって上野の森美術館へ行ったのですが

まさかの80分待ちで断念。ミナサンスキネー。

 

f:id:taruyuki:20171206035421j:plain

一応、西郷さんにも御挨拶。

 

f:id:taruyuki:20171209231023j:plain

明日の出発に備え、ホテルは京成成田。

夜は友人二人と食事の約束があり、荷物を置きに成田へ向かいます。

 

f:id:taruyuki:20171209231126j:plain

再度上野に戻ってくるため、この成田開運きっぷを買いました。

何かいいことが起きるとよいのですが。 

 

Bid My Price

修行の約五日前、ANAから一通のメールが届きました。

f:id:taruyuki:20171206031218j:plain

 

内容をよく読むと、エコノミーからプレミアムエコノミー

アップグレードできる入札へ参加しませんか、との案内でした。

 

今回はフライト一週間前にチケットを予約したせいもあってか

シートは真ん中席しか残っていませんでした。

きっついけど仕方ないな、と諦めていたところにこのメール。

迷うことなく入札に参加しました。

 

さて、問題はいくらで入札するかです。

入札成功のめやすは450ドル~、との案内表示があったものの

ダメもとで強気に「300ドル」で申し込みました。

 

結果は見事成立!

(もっと下げてもイケたかも...)

 

追加出費は発生しましたが、プレエコの通路席で行くことが出来、満足。

座席の広さは勿論、スリッパサービスに、NCヘッドホンにはチョイ感動。

来年は無償アップグレードだ。

 

YOUは何しに日本へ?

 プラチナステイタス、スーパーフライヤーズカード取得を目指し

最初で最後の修行を敢行してきました。

 

候補地として、ニューヨーク、ドバイ、バンコクが挙がったものの

最後はANA便による東京往復がベストと判断しました。

 

あとはもう一回、日本へ帰るだけです。

f:id:taruyuki:20171208054939p:plain

 

わさびのり太郎

f:id:taruyuki:20171126230522j:plain

日本に一時帰国すると、おかしのまちおかでの大量調達が恒例行事。

今回の目玉は「わさびのり太郎」。

目が覚めるくらいのツーン感がたまらない。

 

f:id:taruyuki:20171126230602j:plain

同じく駄菓子系ではプレミアムうまい棒(明太子味)を購入。

普通のめんたい味との食べ比べが楽しみ。

 

その他では、王道の亀田製菓系「まがりせんべい」「柿の種」。

ついつい「源氏パイ」もカゴに入れてしまう。

 

f:id:taruyuki:20171126231651j:plain

それから、名古屋に立ち寄る機会があったので

うなぎパイの高級バージョン、うなぎパイ V.S.O.P. を初購入。

個人的には普通バージョンの方が好みです。

 

ブロンズ到達

f:id:taruyuki:20171126224033j:plain

今年も残りわずか。

数えてみれば、今年は既に50回、飛行機に乗っていました。

 

そんなこんなで、9月末でANAプレミアムポイントが 30,000 を超えました。

と同時に人生初のブロンズステイタスを頂けることに。

(実家にカードが届いていました)

 

ここまで来たら、プラチナ(条件:50,000 pp)が欲しい!

今日現在 39,600 pp。

12月の搭乗予定は日本への一時帰国(片道)のみ。

うーん、43,000 pp までしか届かない。。

無理矢理どこかへ行ったろか。