陽気なブライアント#16

迷走オリックスと週末競馬

菊花賞

f:id:taruyuki:20171022202320j:plain

はい、ハズレハズレ。

馬券は馬連の5頭ボックスでした。

 マイネルヴンシュ

 サトノアーサー

 キセキ

 ポポカテペトル

 アルアイン

 

クリンチャー、ナニスンネン。

 

ラム

f:id:taruyuki:20171022201727j:plain

気分はラムチョップ

この日は屋台の肉屋で「3切れ、焼いてくれ」と注文。

店員に「少ないぞ」と言われるも、私にはこれで十分。

 

f:id:taruyuki:20171022201823j:plain

手前の3つがそれ。

さて、菊花賞は当たるのかしら。

 

ニース 例の遊歩道

 

f:id:taruyuki:20171016034510j:plain

地中海です。10月でもこの通り。

この日、気温は23度くらいありました。

 

f:id:taruyuki:20171016035511j:plain

右手には例の遊歩道。実際に歩いてみると実に平和。

それだけに信じられない。

 

f:id:taruyuki:20171016042812j:plain

市内のレストランはイタリアンが多いです。

低価格のお店に入ったが、それでもなかなかのクオリティ。

 

f:id:taruyuki:20171016035553j:plain

終わりです。

 

モナコ 例のコース

f:id:taruyuki:20171014063133j:plain

やって来ました、モナコ公国

ニースから鉄道でたったの20分。

駅は地下にあり、ホームはめちゃくちゃ長い。

そういえば昔、ツジモンテカルロていう名の馬がいたな。

 

f:id:taruyuki:20171014063336j:plain

駅から徒歩でモナコ大公宮殿に上りました。

こんな景色が広がります。

 

f:id:taruyuki:20171014063415j:plain

そして、海洋博物館前からこのプチトランに乗車して一周観光です。

 

f:id:taruyuki:20171014063456j:plain

当然、例のコースも走ります。

但し、実際のレースとは逆周りです。

 

f:id:taruyuki:20171014063537j:plain

例のヘアピンにさしかかる。

 

f:id:taruyuki:20171014063610j:plain

タイヤの跡も確認できる。

 

f:id:taruyuki:20171014063647j:plain

あっという間ではあるが、ちょっと興奮した。

 

f:id:taruyuki:20171014063727j:plain

最近、ヨーロッパでは「0ユーロ札」が密かなブーム。

海洋博物館前に自動販売機があったので購入してみた。一枚2ユーロ。

これからコレクションしよう。

 

f:id:taruyuki:20171014063822j:plain

最後にモナコビールで休憩。

カジノはそれほど、なので行きませんでした。

 

つづく。

 

カンヌ 例の階段

f:id:taruyuki:20171012053526j:plain

カンヌ駅前に到着。奥に見える建物はこの日泊まるホテルです。

そして、カンヌと言えば・・・

 

f:id:taruyuki:20171012053625j:plain

例の階段に行くも、前日までイベントをやっていたらしく

その撤収作業のため、近づくことが出来ませんでした。残念。

 

f:id:taruyuki:20171012053717j:plain

仕方が無いので夕食をスタートします。

適当に入った店で、これまでずっと食べたかったラムを注文。

ラムのスネ肉のコンフィ。

コンフィって何やねん、と思いながら食べる。

何かようわからんけど、めちゃうまい。

 

f:id:taruyuki:20171012053758j:plain

ホテルはカンヌ駅から徒歩1分。

最上階は宿泊者が自由に利用できるラウンジとなっており

ソフトドリンクは飲み放題、ちょっとしたつまみも食べ放題、

と嬉しい誤算でした。

 

つづく。

 

ヴァロリス 母ハルーワスウィート?

f:id:taruyuki:20171012044451j:plain

ヴァロリス、大魔神の馬っぽい名前の村に到着しました。

賭けで乗車したバスの終点は村の入り口だったようです。

 

バスを降りる際、ドライバーが「観光案内所を目指せ」と言ってくれました。

人はほとんどおらず不安になりますが、緩やかな坂を上ります。

 

ここは古代から陶芸が盛んだったらしく、歩道には大きな花瓶が。

そして、歩くこと10分。

 

f:id:taruyuki:20171012044543j:plain

ヴァロリス城(国立ピカソ美術館)に無事到着。

ここはあのピカソが滞在した村です。

 

f:id:taruyuki:20171012044636j:plain

ピカソ師匠、陶芸もやっていました。

 

そして、撮影禁止だったため、写真はないのですが

礼拝堂の中に名画『戦争と平和』があります。

ピカソ70歳の作品。壁画です。

 

f:id:taruyuki:20171012044812j:plain

美術館前の広場にはピカソ作のブロンズ像「羊を抱く男」

 

f:id:taruyuki:20171012044854j:plain

ピカソ好きの方はどうぞ。入場料は5ユーロでした。

 

この後、カンヌへ移動します。

つづく。

 

ニース 到着

f:id:taruyuki:20171011061754j:plain

ニース・コート・ダジュール国際空港(NCE)に到着。

目の前はすぐ海。

10月に突入しましたが、南仏はまだまだ暖かい。

 

f:id:taruyuki:20171011061844j:plain

いつもなら、空港から市内へ、そしてホテルへと向かうのですが

今回はちょっとひねってヴァロリスという村へ直行します。

 

その村へ行くバスを発見したものの、目的地近くに停車するかが不明。

ドライバーに尋ねると「多分大丈夫」とあやふやな返事。

チケットセンターで尋ねると「小さい村だから行けばわかるさ」

猪木か。

 

目的地は国立ピカソ美術館。

そこそこ有名な観光スポットと思うのだが。

でも何だか行けそうな気がしたので、11ユーロ払って乗車しました。

乗客はたったの5人だけ。やっぱり不安。

さて、どうなることやら。

 

つづく。

 

オレ流

どうやら、クラブの握り方を間違えていたようです。

ずっと利き手が痛いのも、変な位置にたこができたのも

これのせいでした。

 

ゴルフを始めて四年目の秋。

 

Hornhaut たこ

f:id:taruyuki:20171005044946j:plain

学校では教えてくれないドイツ語シリーズ。

本日のお題は「Hornhaut

 

コレ、足裏や指にできる「たこ」の事です。

写真はたこを除去するシートです。

利き手親指の根元にたこができましたため

ドラッグストアで買ってきてもらいました。

 

どうしてたこができたのか、

それはまた今度書きます。

 

いまカルビ焼きます

f:id:taruyuki:20171002045800j:plain

凱旋門賞はデットーリJ騎乗のエネイブルが強かった。

馬券がちょこっとだけ当たった(プラスとは言ってない)ので

本日の夕食は久々のコリアン

何の繋がりもないですね。

 

オバチャン、カルビうまかったけど

このハサミ切れへんで。

なんて、思う。

 

f:id:taruyuki:20171002045946j:plain

餃子に海鮮チヂミ。調子に乗ってたのみすぎた。

最後は持ち帰りしました。

スプリンターズSは惨敗でした。