陽気なブライアント#16

黒酢酢豚とガツ刺し

フェアリーハウス競馬場 総括編

f:id:taruyuki:20190518202456j:plain

初のアイルランド競馬はわずかながらもプラス収支で終了。

気分よくして帰路に就きました。

最後にまとめを。

 

・入場券

 当日券は発売しています。

 公式のウェブサイトから事前購入することも可能。

 一般入場券はその名の通り「General Admission」を選択。

 

・飲食物の持ち込み

 持ち込み可能です。手荷物検査もありません。

 弁当、缶ビール、おやつでも何でも自由に持って行って下さい。

 場内の売店が今ひとつなので、むしろ持参する方がベターか。

 

f:id:taruyuki:20190519030444j:plain

ポテチを買っていくなら「TAYTO」のチーズ&オニオン味が良い。

 

・ドレスコード

 一般入場券で入るのであればドレスコードはありません。

 念のためにとジャケット着用で行きましたが無駄に終わりました。

 

・観客

 マナーの悪い人は特に見当たらず至って普通。

 家族連れも多くのんびりと過ごすことができました。

 

・馬券

 屋内設置の自動発売機はマークシート不要で便利。

 但し払戻はできないため、的中したら有人窓口へ向かって下さい。

 

・お土産

 残念ながら、グッズは何一つ売っていませんでした。

 記念になりそうな物はレープロ(レースカード)ぐらいと思われます。

 

以上でレポートを終了いたします。

 

 

フェアリーハウス競馬場 Rachael Blackmore騎手編

f:id:taruyuki:20190517043824j:plain

レイチェル・ブラックモア騎手。

いまアイルランドで最もノッている女性ジョッキーと言っていいでしょう。

 

f:id:taruyuki:20190517043902j:plain

この日の第3レースは Grade 1

The Irish Stallion Farms EBF Mares Novice Hurdle Championship Final。

見事、Honeysuckle を勝利に導きました。

 

f:id:taruyuki:20190517043940j:plain

今年3月、英チェルトナム・フェスティバルで Minella Indo に騎乗し

G1勝利したばかりの彼女。

4月は英グランドナショナルにも騎乗(Valseur Lido、10着)しています。

そしてこの日、ついにアイルランドでのG1初制覇を達成したのです。

 

f:id:taruyuki:20190517044017j:plain

今後もこの調子で勝ち星を増やしていってもらいたい。

そのうち日本でも有名になるかもしれません。

 

最後に「フェアリーハウス競馬場 総括編」をお届けします。

 

 

フェアリーハウス競馬場 写真撮影編

f:id:taruyuki:20190516045231j:plain

コースは右回り。1周は約2,800m。

 

f:id:taruyuki:20190516045314j:plain

とにかく広いですが、

 

f:id:taruyuki:20190516050400j:plain

内馬場に向正面を遮る木々は無く、馬が走っている位置は確認可能です。

 

f:id:taruyuki:20190516044330j:plain

第1レースは25頭立て!(かろうじて複勝を当てた)

 

f:id:taruyuki:20190516044055j:plain

パドックの様子。

 

f:id:taruyuki:20190516045032j:plain

第2レース、Embrun Mitja と Hugh Morgan騎手。

特に情報はありません。

 

f:id:taruyuki:20190516045146j:plain

第4レースを制した Mill Quest と Davy Russell騎手

今年の英・グランドナショナルで、45年ぶりに連覇を達成した

タイガーロール号の主戦ジョッキーです。凄い人。

 

f:id:taruyuki:20190516043649j:plain

芦毛の馬(Cubomania)で飛越中はメインレースでの同騎手です。

レース名は The Ryanair Gold Cup Novice Steeplechase (Grade 1)。

優勝したのは Voix du Reve でした。

 

f:id:taruyuki:20190516045459j:plain

そして、もう一人注目したいジョッキーがいます。

第3レースを制したこの馬の主戦騎手なのですが。

 

「フェアリーハウス競馬場 Rachael Blackmore騎手編」につづく。

 

 

フェアリーハウス競馬場 グルメ編

f:id:taruyuki:20190512200126j:plain

旅打ちといえばご当地グルメ+生ビール!

ところがよくよく歩きまわると飲食の選択肢はさほどないことが判明。

飲食物の持ち込みがオッケーとはいえ、ちょっと期待はずれ。

 

f:id:taruyuki:20190512200211j:plain

場内マップがこちら(レープロより)。

 

f:id:taruyuki:20190512201227j:plain

こちらはお酒を中心としたドリンク販売コーナー(マップの22番23番)。

シャンパンやワインはここで買うことができます。

 

f:id:taruyuki:20190512200250j:plain

我らのオアシス、生ビの売店であります。(マップの15番付近)。

「サイダー」と呼ばれる炭酸のリンゴ酒もよく売れていました。

 

f:id:taruyuki:20190512200324j:plain

まわりの人たちが手にするものを見比べた結果、

この「カリーチップス」が一番美味しそうに見えました。

アツアツのポテトフライカレーのルーがかかったシンプルな一品。

これが買って大正解。スパイシーで手が止まりません。おすすめします。

正門入って右手に進むと売店(マップの1番付近)がありますので

そちらでゲットして下さい。

 

「フェアリーハウス競馬場 写真撮影編」につづく。

 

 

フェアリーハウス競馬場 馬券購入編

f:id:taruyuki:20190512053531j:plain

持ち帰った全ハズレ馬券をご覧に入れましょう。

ドイツやフランス同様、こちらも馬券はペラペラのレシートタイプ。

数年後には印字が消えてしまいそうです。

 

f:id:taruyuki:20190512053410j:plain

さてそれでは、馬券の買い方をご説明しましょう。

場内にはこのような初心者向けガイドブックが置いてあります。

こちらの分かりやすい説明によりますと・・・

 

f:id:taruyuki:20190512053448j:plain

馬券の種類は全部で9つあるみたいです。

 Win --- 単勝

 Place --- 複勝

 Each Way --- 単勝+複勝(日本で言うところの応援馬券)

 Exacta --- 馬単

 Trifecta --- 三連単

 Superfecta --- 四連単

 Jackpot --- 第3~6レースの全単勝

 Placepot --- 第1~6レースの全複勝

 Pick 6 --- 指定された6レースの全単勝

 

f:id:taruyuki:20190512053608j:plain

馬券売り場の様子。

基本的には有人窓口にて口頭で買い目を伝えます。

 

f:id:taruyuki:20190512053652j:plain

「口頭はハードル高いわー」という方に朗報

欧州には珍しく、タッチパネル式の自動発売機が設置されていました。

今回私はこちらを利用しましたが操作はとても簡単でした。

お金を入れ、場名→レース番号→券種→馬番→金額をポチポチして

最後に確定ボタンを押せば馬券がすぐに出てきます。

なお、お釣りはキャッシュでなく、バウチャーで戻ってきます。

このバウチャーは有人窓口に持っていくと換金してもらえます。 

 

f:id:taruyuki:20190512213126j:plain

こちらは第4レース、奇跡の的中馬券

 

f:id:taruyuki:20190512053755j:plain

直感で選んだ人気薄の Mill Quest がなんと1着に。

単勝は 10.4倍もついて収支はプラスへ転じました。

 

f:id:taruyuki:20190512062203j:plain

ありがとうやで、Davy Russell 騎手。

祝杯や祝杯。

 

「フェアリーハウス競馬場 グルメ編」につづく。

 

 

フェアリーハウス競馬場 入場編

f:id:taruyuki:20190509041619j:plain

ゲートで事前購入したチケットを見せ、場内に足を踏み入れました。

今回購入したのは General Admission という一番安いチケットで

値段は 20ユーロでした。

 

チケット購入はこちらから

www.fairyhouse.ie

 

入場時、ゲートでの手荷物検査はありませんでした。

ということは、飲食物の持ち込みが可能ということです。 

 

f:id:taruyuki:20190509041934j:plain

入ってすぐ右手、一番上の写真左側に写っているコンテナが

レープロ(レースカードと呼ぶ)の販売所になります。

一冊 3ユーロ。記念にいかがでしょうか。

 

f:id:taruyuki:20190509045407p:plain

場内は無料のWi-Fiが使えます。

接続はとても簡単、申し分なし。

 

f:id:taruyuki:20190509053058j:plain

メインスタンド。それほど大きくはありません。

 

f:id:taruyuki:20190509050259j:plain

そしてこちらが隣にあるサブのスタンドです。

レースが始まる頃には人で溢れます。


f:id:taruyuki:20190509045255j:plain

野中悠太郎Jが武者修行にやって来たここフェアリーハウス競馬場。

これより私も修行させていただきます。

 

「フェアリーハウス競馬場 馬券購入編」につづく。

 

 

フェアリーハウス競馬場 行き方編

f:id:taruyuki:20190508052534j:plain

2019年4月21日日曜日。快晴。

初のアイルランド競馬を楽しむべくフェアリーハウス競馬場へ向かいます。

 

この日のメインレースは障害G1「ライアンエアーゴールドカップ」。

本当は翌日の「アイリッシュグランドナショナル」を観戦したかったのだが

仕事の都合で断念。残念。

 

f:id:taruyuki:20190508052626j:plain

それではダブリン市内から同競馬場までの行き方を振り返ります。

出発地は Dublin Connolly 駅

ここからアイルランド国鉄に乗って M3 Parkway 駅を目指します。

 

f:id:taruyuki:20190508052700j:plain

切符は券売機で往復乗車券を買いました。運賃は 6.75ユーロでした。 

(印字が消えておりますが「From Connolly」です)

 

f:id:taruyuki:20190508052800j:plain

ディーゼル電車(一番上の写真)に揺られて22分。

私が乗った列車は Clonsilla駅での乗換えが必要でした。

(M3 Parkway直通の列車もある)

 

ちなみに看板の上段はアイルランド語。普通に読めません。

凡人は下段の英語を読んで対処しました。

 

f:id:taruyuki:20190508053042j:plain

高架橋を渡り、2番線から3番線へ移動。

右奥に写っている電車が次に乗る M3 Parkway行です。

 

f:id:taruyuki:20190508053229j:plain

Clonsilla駅から13分。終着駅の M3 Parkwayに到着。

ここが競馬場の最寄り駅。駅前はなーんにもありません。

お店一つありませんので何も調達できません。ご注意下さい。

 

f:id:taruyuki:20190508053350j:plain

ここからは無料のシャトルバスに運んでもらいましょう。

改札を出て右側に進むと待機(競馬開催日のみ)しています。

徒歩はちょっと厳しいと思います。

タクシーが来る気配もありませんでした。

 

f:id:taruyuki:20190508053431j:plain

二階建てのシャトルバスに揺られて約15分。

フェアリーハウス競馬場正門前に到着!!

 

「フェアリーハウス競馬場 入場編」につづく。

 

 

【愛国ひとり旅】ダブリンの尖塔

f:id:taruyuki:20190422231121j:plain

最終日はノープラン。朝からダブリンでテキトーに街ブラ

前回来た時は超寒かったが、今回は程良く暖くていい感じ。

 

f:id:taruyuki:20190422231312j:plain

写真の塔は高さ約120メートル。なかなかのインパクト。

ちなみに人生で最も衝撃を受けた塔は・・・PLの塔@富田林です。

 

f:id:taruyuki:20190422232349j:plain

現在、ダブリン空港のバーガーキングで待機中。

夕方のフライトで帰ります。

 

 

【愛国ひとり旅】フェアリーハウス競馬場到着

f:id:taruyuki:20190422143450j:plain

フェアリーハウス競馬場に到着。

レープロ(3ユーロ)も入手したし、やったるでー!

行き方や場内の様子等は後日まとめます。

 

 

【愛国ひとり旅】ゴールウェイ到着

f:id:taruyuki:20190421050409j:plain

連休を利用して二度目のアイルランド入国。

エアリンガス(非スタアラ)の直行便でまずはダブリンへ。

 

f:id:taruyuki:20190421050437j:plain

ダブリン空港から長距離バスに揺られ三時間。

 

f:id:taruyuki:20190421050530j:plain

アイルランド西部のゴールウェイという都市にやってきた。

 

f:id:taruyuki:20190421145030j:plain

地ビールとともに

 

f:id:taruyuki:20190421050602j:plain

生牡蠣ムール貝を食す。

明日はダブリンへ戻り、競馬場へ。