陽気なブライアント#16

黒酢酢豚とガツ刺し

江戸川

f:id:taruyuki:20181111233848j:plain

一度やってみたかったボートレース

友人にお願いしてボートレース江戸川に連れてきてもらいました。

西葛西駅から無料バスに乗って15分くらいだったか。

大魔神が待ち構える正面玄関に到着しました。

 

指定席に入ろうと意気込んで来たものの、まさかの Sold out

しかしながらまだ寒くはなく、外での観戦が気持ちよかった。結果的に。

 

f:id:taruyuki:20181111233938j:plain

で、第1レース。記念すべき私の初舟券

直感で4艇選んだら「4→2」が入りました!

一回当てたら気が楽になりました。

 

f:id:taruyuki:20181111234028j:plain

前レース直後に、次レースの周回展示が行われます。

競馬で言うところの返し馬なんですが、これが結構参考になりました。

時計はあまり参考にせず、走る姿を目で追いかけてみると

アカンやつはアカン、とはっきり見えました。

 

f:id:taruyuki:20181111234123j:plain

その後、当たったり外れたりが続いてランチ?タイム。

予想絶好調の友人にレモンサワーをご馳走してもらいました。

ハムカツもうまかったなぁ。ピンぼけしてますけど。

 

f:id:taruyuki:20181111234228j:plain

絶好調宣言が飛び出した友人の買い方は三連単4艇ボックス

来ない2艇を予想するだけや、と的確なアドバイスを授けてくれます。

ここは友人、いや師匠に乗ってみるべきだと思いまして

10レースは周回展示でアカンそうに見えた2艇以外のボックスを購入。

 

f:id:taruyuki:20181111234257j:plain

そしたら「1→5→6」が入るんです。

江戸川だぁいすき・・・

 

f:id:taruyuki:20181111234338j:plain

そんなこんなで一日楽しく遊べました。

もし府中に行っていたらきっと負けていたと思います。

 

この後、神っていた師匠と門前仲町で祝勝会しました。

ありがとうございました。

 

おわり。

 

LEGO WORLD 2018

f:id:taruyuki:20181020064535j:plain

トウモロコシではありません。

お隣オランダでレゴ・ワールドなるイベントが開催中と知りまして。

www.legoworld.nl

 

f:id:taruyuki:20181020064609j:plain

やってきました。ユトレヒトのイベント会場。

クルマで片道2時間。法定速度はしっかり遵守させていただきました。

 

f:id:taruyuki:20181020064825j:plain

入場料は前売りで 19.5ユーロ。結構します。

入口での荷物チェックはソフト。カバンの底ら辺はほとんど見ていない。

会場に入るとこんな感じ。予想通り、家族連れが多かったです。

 

f:id:taruyuki:20181020064905j:plain

当然ながら多くの作品が展示されています。

これはロケットマンの行進か。

 

f:id:taruyuki:20181020064935j:plain

ピタゴラスイッチ的な装置は見ごたえがありました。

 

f:id:taruyuki:20181020065000j:plain

ナガシマスパーランドのホワイトサイクロンを彷彿させる作品。

 

f:id:taruyuki:20181020065028j:plain

スターウォーズコーナーもありました。

 

f:id:taruyuki:20181020065047j:plain

そういえば、中日ドラゴンズは監督交代があったみたいですね。

 

f:id:taruyuki:20181020065623j:plain

女の子向けのコーナー。

奥のステージではキャラクターになりきったお姉さま達が踊っていました。

 

f:id:taruyuki:20181020181902j:plain

目立たない場所にひっそりと、オランダの国王と女王の像。

 

f:id:taruyuki:20181020065333j:plain

館内でランチ。オランダなのでコロッケバーガーにしてみた。

 

f:id:taruyuki:20181020065407j:plain

記念品としてミニフィグを無料配布しているブース。

行列になっていますが回転が速いので問題なし。

 

f:id:taruyuki:20181020065447j:plain

入口で係員から胴体パーツをもらい、後は自分で残り部分を組み立てます。

 

f:id:taruyuki:20181020065508j:plain

足は青と紫と黄緑色の三種類。

頭とカツラ部分はそれぞれ7種類くらいあったと思います。

 

f:id:taruyuki:20181020065537j:plain

これが私の作品。調子にのって2周したので2体あります。

悪い大人ですね。

 

f:id:taruyuki:20181020175920j:plain

ショップもありました。全品が10パーセントオフ。

何も買いませんでしたが。

 

f:id:taruyuki:20181020180049j:plain

最後に出口で係員からお土産セットをもらいました。

たぶん本当は子ども限定なんでしょうが・・・

「欲しい!」と言ったら、すんなり渡してくれました。

 ただ、ポリバッグはハズレ。残念。(別の種類があったのかは不明)

 

24日までやっています。

 

 

警察さん、仕事をする

f:id:taruyuki:20181020060346j:plain

「さ、出掛けよか」と思ったら・・・カードが挟まれていました。

通算3度目の交通違反。

 

 初回 :スピード違反(現行犯)

 二回目:スピード違反(カメラ)

 三回目:違法駐車

 

カードには「後日郵便が届くからよろしくね」と書かれてあります。

まー、レッカーで持っていかれなかったので良しとしよう。

素直に反省し、お支払いします。

 

f:id:taruyuki:20181020060410j:plain

三日後には請求書が届きました。

仕事早っ。

 

 

心は錦

f:id:taruyuki:20180928052929j:plain

スーパーでこんなものを買ってみた。

紙パックに入っていて、まるでジュースみたい。

 

この国、パスタそのものはそこそこ種類を置いているのに対し

市販ソースの種類の少なさと言ったらもう。

あとはカルボナーラぐらいしか見ませんね。

 

f:id:taruyuki:20180928053005j:plain

フライパンへドバー

ミートが入っていてこれは楽だ。

お味は普通にオッケーです。

 

 

デッサウ旅 おい貴ノ岩

f:id:taruyuki:20180923183805j:plain

電車の写真を撮りに来たら、もれなく世界遺産観光が付いてきたという話。

帰りの電車までおよそ2時間ありましてね。

 

f:id:taruyuki:20180923183954j:plain

デッサウ駅の地下通路。写真左側の方向へ向かいます。

 

f:id:taruyuki:20180923184016j:plain

階段を上ると西側の出口に出ます。

 

f:id:taruyuki:20180923184038j:plain

駅前の正面にはこの建物があります。

目的地はここから徒歩10分弱。

 

f:id:taruyuki:20180923184102j:plain

これが世界遺産のバウハウスです。

私は建築マニアでないので、その良さをお伝えできません。

ただ、1925年に建てられたものとは思えない、格好良さがあります。

 

f:id:taruyuki:20180923184139j:plain

同建物地下のカフェで休憩。

このタリアリーニが最高においしかった。

 

f:id:taruyuki:20180923184202j:plain

駅に戻って再度撮影。

 

おわりです。

 

 

Baureihe 670

f:id:taruyuki:20180922173834j:plain

(撮影 2018年9月16日 デッサウ中央駅)

 

約1年4カ月ぶりにDBコレクションを更新いたします。

今回はずっと前から気になっていた、670型ディーゼル気動車です。

この車両の撮影のために、はるばるデッサウにやってまいりました。

 

f:id:taruyuki:20180922173905j:plain

デッサウとヴェルリッツを結ぶ【670 003】

遠くから見るとヒョウ柄に見えますが、実はそうではありません。

 

f:id:taruyuki:20180922173933j:plain

二階建て一両という可愛らしさがたまりません。

横から突風が吹けば倒れそうなデザイン。

 

f:id:taruyuki:20180922174003j:plain

車内にトイレが無くて不評だったという、なんとも可哀想な車両。 

でもね、私は嫌いじゃないですよ。

 

 

Hähnchenmägen 砂肝

f:id:taruyuki:20180909030231j:plain

スーパーのお肉コーナーで物色していると砂肝を発見。

ドイツ語では Hähnchenmägen 、直訳すると「鶏の胃」です。

お値段は 350グラムでたったの 1.99 ユーロ(約260円)!

これはもう、ネギ、ニンニクと一緒にお買い上げです。

 

f:id:taruyuki:20180909030811j:plain

ここからは他人様のブログを参考にさせていただきます。

フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクと砂肝を炒めます。

 

f:id:taruyuki:20180909030929j:plain

塩コショウをふり、砂肝に火を通します。

その後は水、酒、バター、醤油を投入し、煮詰めていきます。

水分がなくなってきたら完成。

 

f:id:taruyuki:20180909031007j:plain

ビールが止まらないあかん系のやつが完成してしまいました。

砂肝はコレステロール含有量が多く、食べ過ぎ注意。

また不健康になってしまった。

 

 

ヘルシンキ旅 ザリる

f:id:taruyuki:20180902064359j:plain

フィンランド名物、ザリガニ

旬の味覚、ザリガニ

ザリガニ。。

 

最後にこいつらを食べて旅を締めようと思います。

 

f:id:taruyuki:20180902064425j:plain

決戦の地はオールドマーケットホール

それでは対戦相手の登場でーす。

 

f:id:taruyuki:20180902064455j:plain

Wow!

 

f:id:taruyuki:20180902064525j:plain

殻をむくのが面倒なので、こちらにしておきました。

お味の方はエビとカニの中間ってところ。

臭くはないのだが、笑顔にはなれない。

つまるところは微妙ということです。はい。

 

f:id:taruyuki:20180902064555j:plain

それでは帰ります。

 

おわり。