陽気なブライアント#16

迷走オリックスと週末競馬

旅行

アテネ 鰻食って帰る

どこの地でもなぜか気になるハードロックカフェ。 集めてはいないが、Tシャツチェックしたくなるのは私だけ? アテネに戻ってきました。 最終日は特に予定もなく、ダラダラと街ぶらで過ごします。 とにかく暑いのでカフェで休憩。 フラッペと呼ばれるギリシ…

サントリーニ レイバソかけてイアに行く

ここはサントリーニ島。 フィラという町から再びバスに乗り、イアという町に到着。 こんな眺めを求めてやってきた、ということになります。 そういえば、イアに向かう前にサングラスを購入しました。 あのレイバソが破格の10ユーロ以下くらいで売られていま…

アテネ発サントリーニ行 OA354便 A321 の旅

オリンピック航空 Operated by エーゲ航空。 アテネ空港(ATH)から45分の空の旅。 目的地はサントリーニ島です。あっちゅう間です。 どうでもいいけどこのモニター。 普段は天井に格納されているが、突然降りてくるからマジビビる。 サントリーニ ティラ空…

アテネ アクロポリス遺跡

ギリシャヨーグルトを食べて喉が渇く。 ミネラルウォーターが進みます。 さて今度は世界遺産のアクロポリス遺跡を見に行こうとなったわけですが これがまた結構高い丘の上にありましてね。 ヒイヒイ言いながら急な坂道を上っていきます。 これは161年に建築…

アテネ 到着

脳内では「栄光の架橋」が流れます。 ここはアテネ、オリンピックの発祥地にやってきました。 神話や古代文明やらはあまり興味はないものの 有名どころは押さえてみたくなるもの。 やっぱ、海のある国は最高です。 アテネ空港(ATH)から市内への移動は、X95…

ダブリン旅 【初搭乗】エアリンガス

エアリンク 747番のバスに乗り、ダブリン空港のターミナル2へ。 復路はアイルランドの航空会社「エアリンガス」を使います。 非スターアライアンスを選択したのはかなり久しぶりのことです。 ターミナル2、エアリンガス専用のチェックインカウンター。 人が…

ダブリン旅 【緑一色】セントパトリックス・デー

道路上には非公認?のグッズショップ。売れ行きも良さげ。 歩く人のほとんどが緑色のグッズを身に着けています。 リフィー川にかかる O'Connell Bridge にやってまいりました。 パレードは12時スタート。11時半の時点でこの人だかり。 至る所で警察がガード…

ダブリン旅 【ホンマに Yummy なん?】アイリッシュブレックファースト

一夜明け、お祭りの日がやってまいりました。 外は小雨。朝の気温は体感で0度。風もあってとにかく寒い。 昨晩眺めた鉄橋を実渡します。 市内中心に近づいて、とっとと建物内に避難。 AVOCA という雑貨店のカフェで朝食をとります。 私は知らなかったのです…

ダブリン旅 【メイクデビュー】アイリッシュシチュー

ギネスビールで腹パンパンになりまして、、ホテルに向かいます。 途中、Heuston駅の前を通りました。 当然、構内チェックです。 アイルランドの鉄道を撮影していきましょか。 と思ったら、まさかの自動改札でした。 電車に近づけず残念。 ホテルにチェックイ…

ダブリン旅 挨拶代わりのウイスキー&ギネス

747番バス(Heuston駅行)の High Street という停留所で下車。 そこから徒歩で約10分。 TEELINGというウイスキーの蒸留所にやって来ました。 事前に試飲付見学ツアーの予約を入れています。 1グループ約20名でガイドさんと一緒にまわります。 ツアー始め、…

ダブリン 到着

正面からで分かりづらいですね、Eurowings × A320。 エンヤさんの国に初上陸です。 この国はシェンゲン協定に参加していないため、入国審査があります。 1ページの半分を占めるスタンプがデーンと押印されてびっくり。 今回は馬抜きで一泊二日。 翌日15時に…

ドバイ旅 最後はMB締め

久々にビーン氏を見ました! 街中、特に駅構内の看板でよく見かけました。 さて、この日は今回の旅のほぼ最終日。 ドバイ空港発は翌日午前1時50分。 空港に入るまで余すことなく楽しみたいと思います。 最終日の目的地は世界最大のショッピングモール、ドバ…

ドバイ旅 そして台湾料理

さあ今日のホテルへ移動しようか、と思った矢先の腹痛。 ドバイ籠城戦は30分ほど要しましたが、無事脱出に成功。 再びドバイメトロに乗ってモール・オブ・ジ・エミレーツへ。 宿泊は奥の方に見える背の高い建物。 今度こそシェラトンです。 入口を見つけるの…

ドバイ旅 ドバイの中心で腹を壊す

通常の観光モードに戻りました。 ドバイメトロとドバイトラムを乗り継いで Palm Gateway駅に到着。 ここからドバイモノレールに乗車し、終点の Palm Jumeirahへ。 パーム・ジュメイラは世界最大の人口島。 中でも一番有名なのが・・・ これ。アトランティス…

メイダン競馬場 バルコニー観戦編

競馬場を早々に引き上げ、ホテルに戻ってまいりました。 これからバルコニーで夕食兼レース観戦です。 先ほどのフードコートで、ビリヤニ(サラダ付き)、ケバブ(ビーフ)、 そして、非常に美味しかったシャワルマをテイクアウトしてきました。 ビリヤニの…

メイダン競馬場 お土産購入編

ゲートから建物に入るとすぐ右手にグッズショップがあります。 決して大きな店舗ではありません。 お客は誰も入っていませんが、入りづらい雰囲気はありません。 欧州同様、品揃えは大したことありません。 キャップとウェアが中心で、あとはキーホルダーと…

メイダン競馬場 第1R編

メイダン競馬場、天候は晴、芝は良。 第1競走は メイダンスプリント(G2) 直線1,000mの 5頭立て(1頭出走取消)です。 本馬場入場が始まりました。こちらは6番の Hit the Bid。 ちなみにコースは左回りです。 ジョッキーで知っているのはビュイックJと…

メイダン競馬場 フードコート編

時刻は18時をまわったところ。 この日はランチをとっておらず、さすがにお腹が空いてきました。 それにしてもこのスタンド、雰囲気がどこかに似ている。。 もしかすると東京競馬場のメモリアルスタンドかもしれない。 それはさておき、地下(1階?)にあるフ…

メイダン競馬場 入場編

この日はメイダン競馬の開催日。 ホテルから競馬場の建物へ向かいます。 上の地図を見るかぎり、すぐに行けそうな雰囲気。 しかし、これが結構難しかったりして。 歩道が見当たりません。 行き方が分からず、ホテルの玄関前でドアマンに尋ねます。 タ「競馬…

ドバイ旅 ザ・メイダンホテルにチェックイン

ドバイメトロの Al Fahidi 駅前でタクシーを拾い、 いよいよ憧れの地、ザ・メイダンホテルに向かいます。 メイダンまでは20分程度、料金は 48AED(約1,500円)でした。 ドバイのタクシーは安くていい。 ザ・メイダンホテル到着。時刻は14時ちょっと前。 フロ…

ドバイ旅 スークでの戦い エスカレーターは右立ちで

ドバイ二日目。 想定外のホリデイイン泊で完全に調子が狂いましたが 今日から気分一新頑張ります。 この辺りはオールドドバイと呼ばれるエリア。 これから地下鉄で Burjuman 駅(右下)から Al Ras 駅(左上)へ移動します。 ドバイメトロの駅はとても近代的…

フランクフルト発ドバイ行 LH630便 B747-400 の旅

ドイツから飛んで約6時間。時刻は現地時間の22時半頃。 まもなくUAEに到着します。 念願のドバイ競馬を楽しむべく、飛んでまいりました。 初の中東で緊張します・・・ ちなみに機材は B747-400。 4発ジェットで安心です。 ビデオにマクガイバーがあったのは…

ニース 例の遊歩道

地中海です。10月でもこの通り。 この日、気温は23度くらいありました。 右手には例の遊歩道。実際に歩いてみると実に平和。 それだけに信じられない。 市内のレストランはイタリアンが多いです。 低価格のお店に入ったが、それでもなかなかのクオリティ。 …

モナコ 例のコース

やって来ました、モナコ公国。 ニースから鉄道でたったの20分。 駅は地下にあり、ホームはめちゃくちゃ長い。 そういえば昔、ツジモンテカルロていう名の馬がいたな。 駅から徒歩でモナコ大公宮殿に上りました。 こんな景色が広がります。 そして、海洋博物…

カンヌ 例の階段

カンヌ駅前に到着。奥に見える建物はこの日泊まるホテルです。 そして、カンヌと言えば・・・ 例の階段に行くも、前日までイベントをやっていたらしく その撤収作業のため、近づくことが出来ませんでした。残念。 仕方が無いので夕食をスタートします。 適当…

ヴァロリス 母ハルーワスウィート?

ヴァロリス、大魔神の馬っぽい名前の村に到着しました。 賭けで乗車したバスの終点は村の入り口だったようです。 バスを降りる際、ドライバーが「観光案内所を目指せ」と言ってくれました。 人はほとんどおらず不安になりますが、緩やかな坂を上ります。 こ…

ニース 到着

ニース・コート・ダジュール国際空港(NCE)に到着。 目の前はすぐ海。 10月に突入しましたが、南仏はまだまだ暖かい。 いつもなら、空港から市内へ、そしてホテルへと向かうのですが 今回はちょっとひねってヴァロリスという村へ直行します。 その村へ行く…

WIKING

メルクリンターゲでの収穫。 WIKING社のミニカー2台(1:87)をセール価格で購入。 1台はVWニュービートルのドイチェポスト仕様。 もう1台はポルシェ356クーペ。 鉄道関係は絵ハガキだけで我慢しました。 BR491、たまりません。 切手とスペシャルな消印付き。…

シュツットガルト ポルシェに乗りたい

シュツットガルト中央駅からSバーンに乗って約30分。 やって来たのは Neuwirtshaus駅。 駅前はすぐポルシェです。 はい、ポルシェ・ミュージアムにやって来ました! なんだか建物もカッコいい。 ポルシェといえばこのマーク。 よく見ると、中央の馬の上には …

ゲッピンゲン メルクリンターゲ

到着したのはゲッピンゲンという駅。 ここはドイツを代表する鉄道模型メーカー・メルクリン社がある町。 9月15日~17日の三日間、メルクリンターゲというお祭りがありました。 以前から興味があったため、足を運んでみた。 ゲッピンゲン駅には機関車が集結。…